キイロビン120 

ガラスのガンコな油膜・被膜を確実に落とす!

▼高画質Download

特徴

40年以上前から販売し、ユーザーの皆様から長い間ご愛好していただいている、油膜取りの代名詞「キイロビン」のスタンダードモデル! キイロビンは、降雨時の視界不良の原因となるガラスのギラツキや油膜・被膜を確実に除去し、安全なドライブをサポートする商品です。 今まで何を使っても取れない超ガンコな油膜や劣化して見にくくなったガラスコートも、酸化セリウム成分がしっかりと、簡単に落とします。 また、ガラスコーティング作業の前処理剤としてキイロビンを使えば、ガラスコーティング効果が増大します。

キイロビンは、1976年に全日本交通安全協会の推奨品として認定されました。
被膜とは・・・油膜が太陽熱により焼きついたものです。
  • 【ガラスのギラギラを解消】 油膜のギラギラは、夜に対向車のヘッドライトを浴びるとよく目立ちます。視界不良の原因となるだけでなく、ワイパーのビビりの原因にも。気になったら放置せず、早めに落としましょう。
  • 【油膜と被膜】 ギラギラの原因は、ガラスにこびりついた油膜や被膜です。油膜はアスファルトやカーワックスなどの油分がガラスに付着したもので、さらにその油膜が太陽光などで焼き付いたものが被膜です。 被膜はガンコで、通常のガラスクリーナーやウィンドウォッシャーではなかなか除去できません。
  • 【撥水剤の下地処理に】 ガラス撥水剤を劣化したまま塗り重ねると効果が得られないだけでなく、さらに視界不良の原因になります。 しっかり下地処理をすると撥水剤の層が均一になり、その効果を発揮できるようになります。
  • 【施工の方法】 油膜も、被膜も、がんこな汚れを確実に除去します。まず水を含ませたスポンジに液剤を付け、ガラス面をこすります。液を弾かなくなり白くなったら、キレイになった合図。最後にしっかり水ですすぎ、濡れタオルでふき取ってください。

特集記事

お客様の声

  • 他メーカーの商品では落とせなかったヨゴレが、カンタンに落ちました。
  • 窓ガラスの古くなった撥水剤を取るのに使ってます。
  • ウチでは、お風呂の鏡のおそうじにも、家族みんなで使ってます。

よくあるご質問

Q.

ウロコ状の汚れがとれません。

ガラス自身が劣化して生じたうろこ状の汚れは、本品で除去できません。 閉じる
Q.

鏡には使えますか?

表面に特殊な加工が施されている場合がありますので、自動車メーカーに確認して下さい。 閉じる
Q.

車内側にも使用できますか?

車内が汚れる可能性がありますので、お勧めできません。 閉じる

商品概要

品番
0002
品名
キイロビン120 
内容量
120g
付属品
ペフ付きスポンジ×1
JAN
4975163131013
ITF
0604975163131017
製品サイズ
高さ:136mm 幅:72mm 奥行:67mm
製品重量
204g
外箱サイズ
高さ:288mm 幅:431mm 奥行:328mm
カートン重量
13.1kg
外箱M3
0.041立方メートル
外箱入り数
60ヶ(60ヶ×1)
希望小売価格
オープン
English
Windshield Cleaner "Kiiro-Bin" / Abrasive

関連商品